ハリケーン直撃で行方不明は1300人、バハマ

(CNN) 超大型ハリケーン「ドリアン」の直撃を先に受け、甚大な被害が出たバハマの国家緊急事態管理庁は14日までに、所在が不明の住民らは1300人との見方を示した。

政府は今月11日、行方不明者は約2500人と報告していたが、データベースの相互参照作業などを受け1300人に下方修正した。

ドリアンは今月1日、ハリケーンの規模では5段階で最強のカテゴリー5の勢力を保ちバハマに上陸。判明している犠牲者は少なくとも50人だが、アバコ、グランドバハマ両島での捜索や救出作業が進めば、さらに増える可能性が強い。

ドリアンはバハマを襲ったハリケーンでは過去最大の勢力とされ、同国北部の諸島では住民約7万人が住居や所持品などを全て失ったともされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]