米海軍艦、中国領有権主張の島近くを航行 南シナ海

米海軍の艦船が南シナ海で「航行の自由」作戦を遂行した/U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Danny Kelley/

米海軍の艦船が南シナ海で「航行の自由」作戦を遂行した/U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Danny Kelley/

(CNN) 米海軍の艦船が28日、南シナ海で領有権が争われている2つの島から12カイリ(約22キロ)以内を航行した。「航行の自由」作戦の一環。

米第7艦隊の報道官によると、作戦を実施したのは誘導ミサイル駆逐艦「ウェイン・E・マイヤー」で、ファイアリー・クロス礁とミスチーフ礁から12カイリ以内を航行した。「行き過ぎた海洋権益の主張に抗議し、国際法で定めた航路へのアクセスを保護するため」としている。

報道官はさらに「米国は国際法が許すあらゆる場所で飛行、航行、活動していく」と説明。特定の国を対象としたり、政治的な主張を展開したりする目的ではないとも述べた。

米国はファイアリー・クロス礁とミスチーフ礁を巡り、中国が軍事施設を設置しているとかねて批判してきた。

米国防当局者がCNNに明らかにしたところによると、作戦中は中国軍の艦船が米軍艦を追尾していたという。

米海軍は南シナ海で定期的に「航行の自由」作戦を行っている。5月下旬には、パラセル(西沙)諸島の中国の実効支配下にある島の近くで米軍艦2隻が作戦を実施していた。

今回の作戦を受け、人民解放軍南部戦区の報道官は「南シナ海の平和と安定を著しく損なう航行上のいじめだ」と反発。国営環球時報は中国人アナリストの話として、米国には緊張激化を狙う意図があるとの見方を伝えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]