北朝鮮、飛翔体2発を発射 ここ2週間超で5度目

韓国軍が、北朝鮮が28日に発射した飛翔体について発表した/FENG LI/GETTY IMAGES/FILE

韓国軍が、北朝鮮が28日に発射した飛翔体について発表した/FENG LI/GETTY IMAGES/FILE

(CNN) 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は10日未明、東部の咸興(ハムン)地域から飛翔(ひしょう)体2発を発射した。北朝鮮による飛翔体発射はここ2週間あまりで5度目。

韓国軍合同参謀本部は声明で「軍は即応体勢を維持し、追加発射に備えて関連した動きを監視している」と述べた。

米当局者は、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したと確認した。最近発射された他の飛翔体と類似したミサイルとみられるという。

前回までの4回の発射も短距離弾道ミサイル実験だとみられており、国連決議違反に相当する可能性がある。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)によると、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は6日の発射を視察し、合同軍事演習をめぐる米韓両国への警告だと述べていた。

この時は北朝鮮外務省も声明を発表し、発射には触れなかったものの、米韓合同軍事演習に「侵略的」と不快感を表明。韓国と米国が引き続き「我々を傷つける目的で刀を研ぐ」なら、「新たな道を模索」せざるを得ないとしていた。

トランプ米大統領は9日、金委員長から「非常に美しく前向き」な書簡を受け取ったことを明らかにした。北朝鮮のミサイル実験については、「核実験は実施されていない。ミサイル実験はいずれも短距離だった」などと述べ、重大視しない姿勢を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]