G20で香港問題の議論「許さず」、中国高官

中国外務省高官が、香港のデモについてG20で触れることは「許さない」と発言/HECTOR RETAMAL/AFP/Getty Images

中国外務省高官が、香港のデモについてG20で触れることは「許さない」と発言/HECTOR RETAMAL/AFP/Getty Images

香港(CNN) 中国の張軍・外務次官補は24日の記者会見で、28日から大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議の議論で香港の大規模デモを取り上げることは「許さない」と述べた。

張氏は会見で、G20は世界の通商、経済問題を協議する場だと指摘。「香港の件は中国の内政に属することで、いかなる外国勢力にも干渉する権利はない」と強調した。

中国外務省は23日、習近平(シーチンピン)国家主席がG20に出席するため、27~29日に大阪を訪れると正式に発表した。習氏の訪日は2013年の就任以来、初めて。

習氏はこれに合わせてトランプ米大統領と会談し、米中間の貿易問題について話し合うことになっている。

香港では、刑事事件の容疑者を中国本土へ引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案に対し、大規模な抗議行動が展開されている。主催団体によると、16日のデモには住民の約4分の1に当たる200万人が参加した。

米国のポンペオ国務長官は同日、トランプ氏が習氏との会談で香港の情勢を取り上げる可能性に言及していたが、中国側がこれを拒否した形だ。

中国政府が国際会議などを前に、内政問題に関する議論をけん制するのは珍しいことではない。これまでのところ香港情勢については、逃亡犯条例の改正を支持し、デモの背後には外国勢力の関与があるとの立場を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]