ISIS、米軍撤退後に支配地奪還か 「勝利宣言」の可能性も

ISISが米軍撤退後に支配地を奪還して「勝利宣言」する可能性があるとの報告書が発表された/From ISIS

ISISが米軍撤退後に支配地を奪還して「勝利宣言」する可能性があるとの報告書が発表された/From ISIS

ワシントン(CNN) 米国防総省は4日、シリアに駐留する米軍が撤退した後、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」は同国内で支配地を奪還し、勝利を宣言する可能性があるとの報告書を発表した。

国防総省の監察総監がまとめた報告書は、中東などを管轄する米中央軍からの情報として、米軍撤退の影響を予測。ISISが撤退に便乗し、米兵らを攻撃する可能性も指摘している。

トランプ米大統領が昨年12月にISISへの勝利を宣言し、シリアからの撤退を表明してから、この種の報告書が発表されるのは初めて。それによるとISISはイラク、シリア両国で活動を続け、特にイラクでは速いペースで戦力を復活させている。シリアでも対テロ圧力がなくなれば、6~12カ月以内に一定の支配地を奪還する恐れがあるという。

ある米当局者が先週、CNNに語ったところによると、米軍や情報当局の一部では、米軍撤退後のさらに早い時期にISISが復活するとの見方も出ている。

報告書はまた、ISISが引き続きイラク、シリア両国で新たな外国人戦闘員を誘い込んでいるとも指摘した。米主導の有志連合軍によれば、外国人戦闘員は毎月50人のペースで増えているとみられる。

シリアでISIS復活の恐れがあることはトランプ氏も認めている。同氏は1日に収録された米CBSテレビの番組で、「必要ならば戻る」「我々にはとても速い航空機がある。とても良い輸送機もある。ごく短期間で戻ることができる」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]