警察学校で車爆弾攻撃 10人死亡、65人負傷 コロンビア

コロンビアの首都ボゴタにある警察学校付近で、自動車爆弾が爆発した/JUAN BARRETO/AFP/Getty Images

コロンビアの首都ボゴタにある警察学校付近で、自動車爆弾が爆発した/JUAN BARRETO/AFP/Getty Images

(CNN) コロンビアの首都ボゴタにある警察学校付近で17日、自動車爆弾が爆発し、国防省などによると、少なくとも11人が死亡、65人が負傷した。

警察幹部はCNNの取材に、自爆攻撃とみられると述べた。

警察によると、車は全速力で警察学校の敷地に突っ込み、制止の声も無視した。運転手は爆発で死亡したとみられているが、当局が死者数の中に含めているかどうかは不明。

CNN提携局の映像には、現場一帯に規制線が張られた様子が映っている。

ドゥケ大統領は犯行をテロと非難し、実行犯を裁きにかけると言明。現場を訪れた際には、警察や軍に対して「攻撃の背後にいる人物を突き止める」よう命じた。

マルティネス司法長官は、車を運転していた男の身元を特定したと発表した。爆発物約80キロを積んでいたとの情報があるという。

背後関係については捜査を進めているとしたものの、これ以上の詳細は明かしていない。

米大使館はツイッターでボゴタにいる米国人に警戒を促し、地元メディアの報道や警察の情報を注視するよう呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]