インドで瞑想していた僧侶がヒョウに襲われ死亡 数週間で5人目

インドの森林保護区で瞑想していた僧侶がヒョウに襲われて死亡したという/TAUSEEF MUSTAFA/AFP/AFP/Getty Images

インドの森林保護区で瞑想していた僧侶がヒョウに襲われて死亡したという/TAUSEEF MUSTAFA/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) インド西部マハラシュトラ州の森林保護区で、瞑想(めいそう)していた僧侶がヒョウに襲われて死亡した。地元当局者が明らかにした。

AFP通信によると、同地には年に1度の祈祷(きとう)行事のために多数の僧侶が訪れており、死亡した僧侶もその1人だった。

森林保護区の当局者によると、僧侶は11日午前、寺院から1~2キロほど歩いて森に入り、木の下で瞑想していたところをヒョウに襲われた。この僧侶は、瞑想に出かけるのを習慣としていたという。

現場の森林はマハラシュトラ州の州都ムンバイから約800キロ。ヒョウのほか、トラやクマも生息している。AFPによれば、この数週間でほかにも4人がヒョウに襲われて死亡していた。

当局は、僧侶を襲ったヒョウの捜索を続けている。捕獲できた場合は住民による報復を避けるため、別の場所へ移す予定だという。

インド政府の2016年の統計によると、インドには1万2000~1万4000頭のヒョウが生息している。

しかし生息地の減少に伴って人との衝突が増え、違法取引を目的とした密猟も横行している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]