太平洋の島国ナウル、中国に謝罪要求 「クレイジー」な言動批判

ナウルのワガ大統領が中国に謝罪を要求/MIKE LEYRAL/AFP/Getty Images

ナウルのワガ大統領が中国に謝罪を要求/MIKE LEYRAL/AFP/Getty Images

(CNN) 南太平洋の島国ナウルは7日までに、太平洋諸島フォーラム(PIF)で中国の外交官が「クレイジー」な言動を取ったとして、中国側に謝罪を要求した。PIFは加盟する16カ国・2地域の首脳らが集まる会議で、ナウルが今週主催していた。

今回の騒動が起きたのは4日。オーストラリア公共放送SBSによれば、中国代表団のトップが気候変動に関して発言しようとしたところ、ナウルのワガ大統領がさえぎった。これを受け、中国代表団は会議から退席した。

中国外務省の華春瑩報道官は5日、記者会見でワガ氏に触れ、「当該の人物は、他者から尊敬を得られるのは品位をもって振る舞う者のみだということを理解すべきだった」と主張。その上で、同様のことは国にも言えるとし、「大国であれ小国であれ、一国は品位と尊厳をもって行動しなければならない」と述べた。

中国の人口は13億人、一方のナウルは1万1000人となっている。

PIFの開始前には、ナウル側が中国代表団に対し、外交旅券ではなく個人旅券で入国するよう要求する場面もあった。中国側はこれを強く拒み、会議をボイコットすると警告していた。

面積21平方キロの小国であるナウルが自信をもって中国に対抗できる背景には、台湾やオーストラリアとの関係があるとみられる。

ナウルは台湾との外交関係を維持している残り少ない国のひとつ。中国と地域での影響力を競うオーストラリアは太平洋諸国に数十億ドルを投資しており、ナウルとは緊密な同盟関係にある。

SBSによるとワガ氏は、「中国は我々の友人ではない。自国の目的のために我々を必要としているだけだ」「誰であれここに来て、我々に指図すべきではない」と強調。謝罪の要求にとどまらず、この問題を国連に持ち込む考えも示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]