コンゴのエボラ出血熱、死者41人に WHOが懸念

流行が再確認されたコンゴでのエボラ出血熱の死者が41人となった/Al-hadji Kudra Maliro/AP

流行が再確認されたコンゴでのエボラ出血熱の死者が41人となった/Al-hadji Kudra Maliro/AP

(CNN) 世界保健機関(WHO)は14日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)の東部、北キブ州で流行しているエボラ出血熱の死者が41人に上っていることを明らかにした。

同日までに報告された患者は57人。このうち30人がエボラ出血熱と確定、27人は可能性が高いとされた。医療従事者7人も感染した。

WHOのテドロス・アダノム事務局長は記者会見で、現地は紛争地域だとコメント。暴力や拉致事件が続発していると指摘し、「実際に訪れてみてますます心配になった」と述べた。

人口が密集していて、出入りが激しいことも懸念材料だという。

テドロス・アダノム氏によると、同国北西部の赤道州で確認され、先月24日に終息宣言が出た流行の患者は53人、死者は29人だった。北キブ州での規模はこれを超えたことになる。

北キブ州ではすでに、医療従事者と一部の住民へのワクチン接種が始まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]