「米朝会談の精神、一部の米政府高官が守らず」 北朝鮮が非難声明

北朝鮮は、米朝会談の精神を一部の米政府高官が守らないと批判した/STR/AFP/AFP/Getty Images

北朝鮮は、米朝会談の精神を一部の米政府高官が守らないと批判した/STR/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 北朝鮮外務省は9日、一部の米政府高官が、6月に行われた米朝首脳会談の精神を尊重していないとして非難する声明を発表した。

声明の中で北朝鮮は、自らについては「実質的な非核化の措置を取り、核実験やICBM(大陸間弾道ミサイル)発射実験を中止している」と述べ、朝鮮戦争当時の米兵の遺骨を返還するなど「寛大な措置」も講じていると主張。これに対して「米国は、国際制裁と(北朝鮮に対する)圧力を扇動することによって、我々の期待に応じた」と批判した。

ただし声明では、トランプ大統領に非難の矛先を向けることはせず、「米政府の一部高官」が大統領の意向に反しているとした。

今回の声明は米国を意識したものと思われ、朝鮮中央通信が伝えただけではなく、米ニューヨークの国連本部でも北朝鮮の代表部が英語の声明を発表した。

これに先立ちタカ派のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、北朝鮮が合意に従って行動するとは米政府は考えていないと発言していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]