転覆事故に遭遇の男性、13人救出後に力尽き溺死 ナイジェリア

ボート事故にまきこまれた人たちを救出した後に亡くなったジョセフ・ブランクソンさん/Mercy Blankson

ボート事故にまきこまれた人たちを救出した後に亡くなったジョセフ・ブランクソンさん/Mercy Blankson

ナイジェリア・ラゴス(CNN) アフリカのナイジェリアで、川を航行中の客船が転覆する事故が発生した。乗客が川へ投げ出されるなか、1人の男性が13人を救い出した後に溺れてなくなっていたことが7日までに分かった。自らの命を顧みない勇敢な行動に称賛の声が上がっている。

地元リバーズ州の警察の発表によると、当時客船には24人が乗っていた。航行中に障害物に衝突し、転覆したという。

乗船していたジョセフ・ブランクソンさん(36)は泳ぎの名手だった。転覆した船から投げ出された人たちを助けるため迷わず川へ飛び込み13人を川から引き上げたが、14人目を救出しようとしているとき、溺れてしまったという。

リバーズ州警察の報道担当者が確認したところによれば、事故で亡くなったのはブランクソンさんのみ。残る乗客10人は近くを航行していた船の乗組員などが救出したとしている。

2児の父だったブランクソンさんは、自分のことより他人を思いやる愛すべき人物として知られていた。

事故での働きがニュースになると、ソーシャルメディア上では称賛の声とともに残された家族への支援を呼びかける投稿が寄せられた。

妻のマーシーさんは現在職についていないが、4歳の息子と7カ月の娘を1人で育てなくてはならない状況となり、州政府が就職の後押しをしてくれるのではないかと期待を寄せる。すでに政府の代表者からの訪問を受けているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]