村に巨大氷山迫る、大規模な津波の恐れも グリーンランド

グリーンランドの村近くに迫った巨大氷山/LUCIA ALI NIELSEN

グリーンランドの村近くに迫った巨大氷山/LUCIA ALI NIELSEN

(CNN) グリーンランド西部沖にある小さな村に巨大な氷山が迫っている。崩落による大規模な津波の発生も懸念されることから、沿岸部の住民はすでに避難した。

この氷山は重さ1100万トン。動画では、氷山が村の近くにとどまり、危険な状態になっている様子がうかがえる。

一部の地元住民の間では、氷山の崩落で津波が起きる事態が懸念されている。実際、動画には、小規模な水路を小さな波が移動する様子も映っている。

こうした現象は以前から知られていたが、今回は氷山と暖かい気候、豪雨の組み合わせで大きな氷塊が崩れ、さらに大規模な津波が発生する可能性も懸念される。

このため沿岸部の住民はすでに避難した。一帯の人口は約170人。

氷山の大きさはスタジアム程度だが、これは海面上に出ている部分のみの話で、実際には80~90%の大部分が水面下に隠れている。

理想的な展開は、氷山がバフィン島海流に流されることだ。この場合、氷山はバフィン湾に消えていき、危機は過ぎ去るとみられる。

しかし現地で大雨が降ったり、気温の上昇により氷山が融解したりすれば、巨大な氷塊が崩れ、津波が起こる恐れがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]