北朝鮮、ミサイル製造の施設拡張か 米専門家が衛星画像分析

ミサイル製造施設の拡張工事完了を示すという衛星画像

ミサイル製造施設の拡張工事完了を示すという衛星画像

(CNN) 北朝鮮が、弾道ミサイルの製造施設の拡張工事を完了したとみられることが2日までにわかった。衛星画像の分析から明らかになった。米国政府は先月の米朝首脳会談で北朝鮮側が核・ミサイル開発の放棄に意欲を示したとしているが、衛星画像の内容はそうした見方に疑念を投げかけるものといえそうだ。

問題の画像は米サンフランシスコに拠点を置くプラネット・ラブズが撮影し、モントレー国際大学院(MIIS)の研究者らが分析した。それによると、咸興(ハムフン)市にある化学材料研究所での工事が完了しているのが確認できるという。

化学材料研究所は、固体燃料を使用するミサイルのノズルや胴体部分、円錐(えんすい)形の頭部など、炭素複合材を使った部品を製造していることで知られる。

昨年8月には、同研究所の工事完成図の前で説明を受ける金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の写真が公開されている。この時期と前後して北朝鮮は、大陸間弾道ミサイル2発の実験を行い、米領グアム周辺へのミサイル発射計画を策定すると威嚇した。

MIISで東アジアの核不拡散プログラムを研究するジェフリー・ルイス氏は、大半の工事が今年の5月に行われたと説明。ちょうど南北首脳会談と米朝首脳会談の間の時期に当たるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]