南北首脳会談のデザートや椅子に竹島の地図、日本が韓国に抗議

2018.04.26 Thu posted at 10:37 JST

[PR]

(CNN) 27日に開かれる南北首脳会談後の晩餐会で出されるデザートに、日韓が領有権を争う竹島(韓国名・独島)が描かれていたことについて、日本の外務省が25日、韓国に抗議した。

問題とされているのはデザートとして出されるマンゴームースで、朝鮮半島の地図の一画に竹島が描かれていた。外務省によると、この地図について金杉憲治・アジア大洋州局長が韓国大使館に対して強い遺憾を表明し、容認できない意向を伝えた。

日本は、韓国が竹島を不法占拠しているとの立場で、両国は竹島を巡って長年の対立を続けている。

韓国が25日に公表した写真では、首脳会談で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が座る椅子にも、同じ地図があしらわれていた。日本はこれについても抗議した。

韓国側は、数十年ぶりとなる南北首脳会談に向けて念入りな準備を整えている。首脳会談の舞台となる「平和の家」では、出席者の率直な発言を促す目的で、長方形のテーブルが楕円形のテーブルに入れ替えられた。

デザインには伝統的な建築様式「韓屋(ハンオク)」を取り入れるなど、南北共通の伝統にも配慮している。晩餐会のメニューには、1品1品に象徴的な意味合いを込めた。

メールマガジン

[PR]