金正恩氏は「立派」、トランプ米大統領が一転、評価

金正恩氏は「立派」、トランプ氏

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は24日の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長について、「今の状況から判断すると、本当にオープンで、とても立派だと思う」と発言した。

つい最近まで金委員長のことを「リトルロケットマン」と揶揄(やゆ)していたトランプ大統領だが、一転して「立派」な人物と評したことについて、それ以上の質問には答えなかった。

トランプ大統領は、金委員長と近いうちに会談できることを楽しみにしていると述べ、北朝鮮からは、できるだけ早く会談を行いたい意向を直接的に伝えられたと説明。「我々はとてもいい話し合いをしてきた」と付け加えた。

一方、ホワイトハウスは、北朝鮮が非核化に向けた確実な措置を取らない限り、一切の交渉には応じないとする姿勢を強調している。

北朝鮮の非核化についてトランプ大統領は、「彼らが全ての核を放棄すること」と説明し、「私にとって、彼らと単純な取引をして勝利を宣言することは非常にやさしい。だが私はそれを望まない。全ての核を放棄させたい」と言い添えた。

さらに、期待通りの内容にならなかった場合は会談を打ち切ると改めて言明、「(会談は)素晴らしいかもしれないし、そうではないかもしれない」「過去の政権と違って、公正で理性的で良い会談にならなければ、私はテーブルを離れる」と述べ、「一切の譲歩はしない」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]