英政府、プラスチック製ストローやマドラーの禁止を提案

2018.04.20 Fri posted at 10:54 JST

[PR]

ロンドン(CNN) 英政府はこのほど、プラチックごみを減らして海洋環境や海洋生物を守るため、プラスチック製のストローやマドラー、綿棒の使用を禁止する計画を打ち出した。

メイ首相は19日に始まった英連邦の首脳会合でも、プラスチック汚染対策に加わるよう各国に呼びかける。

さらに、世界的な研究や途上国の廃棄物管理改善を促すため、6140万ポンド(約93億円)を拠出すると表明した。

マイケル・ゴーブ環境相は年内に審議会を立ち上げ、プラスチックを使った綿棒とマドラー、ストローを禁止する計画について審議する。業界には対応のための十分な猶予期間を与える一方、医療用のプラスチックストローについては除外を提案する。

ゴーブ環境相は、「使い捨てのプラスチックが海に災いをもたらし、貴重な環境や野生生物の死を招いている。今こそ行動しなければならない」と力を込めた。

プラスチックごみが海洋生物に与える影響への懸念が強まる中で、英国では既に多くの企業がプラスチックストローの使用を減らす対策に乗り出している。

英政府によると、プラスチックごみを食べたり絡まったりして死ぬ野鳥は年間100万羽、海洋哺乳類は10万頭を超す。

英政府は先月まとめた報告書の中で、もし対策を講じなければ、海のプラスチックの量は2015年~25年の間に3倍に増えると予想していた。

先月には、使い捨てのペットボトルにデポジット料を上乗せして、リサイクルした際に返金する制度を導入する意向を表明。こうした制度はドイツやノルウェー、米国の一部などでも導入されている。

メールマガジン

[PR]