写真特集:まるで生き物? 自己修復するプラスチックに熱い視線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえ衝撃で割れてしまっても熱と化学触媒を加えることで傷を修復できる板状の素材、「ビトレマー」の開発が進んでいる。開発を手掛けるパリ市立工業物理化学高等専門大学(ESPCI)のルドウィク・レブレル准教授は、新素材の持つ無限の可能性に期待を寄せる

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]