証券取引所ビルが一部崩落、77人病院搬送 ジャカルタ

床が崩壊、けが人も ジャカルタ

(CNN) インドネシアのジャカルタで15日、証券取引所の建物の一部が崩落し、地元警察によると少なくとも77人が病院へ搬送された。

崩落したのは2階の廊下の一部で、下はロビーとなっていた。証券取引所で働く女性がCNNに語ったところによると、崩落は午後0時半ごろ発生。ロビーは観光客などが集まる広い空間で、コーヒーショップもあるという。

地元メディアは崩落時のロビーの状況について、ランチを終えた人々や大学生のグループなどでごった返していたと報じた。

病院搬送された人のうち、2人はすでに退院した。警察はけが人のほとんどは軽傷だとしている。崩落の原因については言及しなかった。

証券取引所はツイッターで、通常通り取り引きを行うと説明。スケジュールに大幅な変更はないとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]