地中海で10代少女26人の遺体回収、欧州目指す航海の途中で死亡

地中海で10代の少女26人の遺体が発見された

地中海で10代の少女26人の遺体が発見された

(CNN) アフリカ大陸と欧州を隔てる地中海で、10代の少女26人の遺体が発見された。欧州を目指す航海の途中で死亡したとみられる。イタリア当局は7日に検視を行って死因を究明し、虐待や性的暴行を受けていなかったかどうかを調べる。

遺体で見つかった14~18歳の少女26人は、アフリカのニジェールやナイジェリアからリビアを経て、欧州を目指していたとみられている。5日に地中海で遺体が回収され、イタリア南部のサレルノに運ばれた。

遺体は沈みかけたヨットの近くで見つかった。救助隊が到着した時は、破損した船体に生存者がしがみ付き、付近に少女たちの遺体が浮いている状況だったという。

地中海では先の週末にかけ、このヨットを含めて4回の救助活動が行われ、計400人がスペイン船に乗ってサレルノに到着した。当局によると、この中には女性90人と、生後1週間の乳児を含む未成年52人が含まれる。

リビアを出航して欧州を目指す難民や移民は、アフリカのサハラ砂漠以南の国の内戦や迫害を逃れてきた人や、アフリカおよび中東や南アジアの貧困から逃れようとする人が多数を占める。

リビアは中央政府が実質的に存在しないことから、密航業者の温床と化している。

イタリア警察は6日、密航にかかわった疑いでエジプト国籍とリビア国籍の男2人を逮捕した。いずれも死亡した少女の乗っていた船には関与していないとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]