イタリア、船艇2隻をリビア沖に派遣へ 難民・移民対策

2017.08.03 Thu posted at 15:00 JST

[PR]

(CNN) イタリア政府は2日、不法移民の欧州への流入を食い止めるために海軍の船艇2隻をリビア沖に派遣すると発表した。

国際移住機関(IOM)によれば、今年に入ってイタリアの海岸にたどり着いた移民・難民の数は9万4802人に上る。また、リビアからイタリアに向けて地中海を渡ろうとして命を落とした人は2221人に上る。

イタリア議会は2日、国連の後押しを受けて発足したリビアの「国民合意政府」からの協力依頼に応じることを認める法案を可決した。

イタリア海軍の報道官によれば、派遣されるのは巡視艇1隻と、技術的・兵站的支援部隊の船1隻だ。早ければ来週にもリビア近海に派遣されるという。

リビアは移民や難民が欧州に向けて船出する場所として知られている。戦争や迫害から逃れてきた人々も多いが、より良い経済活動を求める人々もいる。しっかりした中央政府がない同国では密航ビジネスも盛んだ。

だが一部の非政府組織(NGO)からは懸念の声も出ている。

アムネスティ・インターナショナルは2日、声明を出し「リビア近海を監視するために軍の船艇を派遣することは、難民たちを激しく痛めつけることにつながる」と批判した。

イタリアは殺到する難民への対策を相次いで打ち出している。

7月31日にイタリア議会は、地中海で捜索・救援活動を行うNGO向けの「行動規範」を採択した。密航ビジネス摘発のため、NGOの船に武装警官を乗せることを求めている。

8つのNGOのうち3つは行動規範を了承。だが国境なき医師団は、海での死者の増加につながりかねないとして署名を拒否した。

メールマガジン

[PR]