中国軍のジブチ基地、地下施設も 予想より大規模

ジブチに建設中の中国軍基地の詳細を示す衛星写真=ストラトフォー・ワールドビュー及びオールソース・アナリシス

ジブチに建設中の中国軍基地の詳細を示す衛星写真=ストラトフォー・ワールドビュー及びオールソース・アナリシス

(CNN) 米情報収集・分析企業2社は27日までに、中国がアフリカ東部ジブチに設けた初の恒久的な軍基地を新たにとらえた衛星写真を公表し、当初の予想に比べより大規模で警備がより堅固な形態になっていると報告した。

この2社は「ストラトフォー・ワールドビュー」と「オールソース・アナリシス」。警備は3重態勢で要塞化とも呼べる状態になっており、基地には広さ約2万3000平方メートルの地下空間も備える。

ストラトフォー社は、この基地の造成方法は中国軍のよく知られた手法に合致すると指摘。地下の空間は非公開の活動や車両、施設の防護が目的だろうと分析。中国軍は今月初旬、ジブチの基地に軍兵士を派遣した。

米国、フランスや日本もジブチに恒久的な基地を構えているが、厳重な警備態勢は敷いていない。米軍基地は2007年、広さ500エーカーに拡張されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]