スウェーデン、徴兵制を復活 ロシアの脅威に対応

2017.03.03 Fri posted at 10:20 JST

[PR]

(CNN) スウェーデンのフルトクビスト国防相は2日、CNNの取材に対し、欧州の「新たな安全保障状況への対応として」徴兵制を復活させると語った。

スウェーデンは2010年に徴兵制を廃止していた。また、今回初めて性別にかかわらず徴兵の対象とする。

国防相は徴兵制復活を決めたきっかけの1つとして、14年のロシアによるウクライナ領クリミアの併合を挙げた。

「ロシアが国際法に違反してクリミアを併合し、国境近くでの軍事演習を増やしたことにより、わが国は新たな安保状況に置かれた」と国防相は述べた。

また国防相は、スウェーデンが「フィンランドや北大西洋条約機構(NATO)のパートナー諸国との軍事協力を強化」していると述べた。

スウェーデンは中立国でNATO非加盟だが、NATO主導の軍事作戦に参加するとともに、NATOと相互協力関係を維持している。

メールマガジン

[PR]