モスル奪還作戦、24時間で市民2400人が避難

2017.02.27 Mon posted at 10:04 JST

[PR]

(CNN) イラク軍がイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」から同国北部モスルの奪還作戦を進める中、イラク当局は26日、モスル西部から避難してきた民間人の数が24時間で約2400人に達したと明らかにした。

当局者によれば、25日正午ごろから26日正午ごろにかけて戦闘を避けて市民が避難してきた。避難してきた人々は難民キャンプに保護されたという。

今月19日から始まったモスル西部の奪還作戦によって避難した人数は3888人に達した。

対テロ部隊の幹部によれば、ISISは戦闘から逃れようとする市民に対して迫撃砲や小火器で攻撃を加えている。

メールマガジン

[PR]