ロシアがモンテネグロを批判、クーデターに関与との主張受け

モンテネグロのNATOへの加盟手続きは最終段階に入っている

モンテネグロのNATOへの加盟手続きは最終段階に入っている

カトニッチ首席特別検察官によれば、クーデター計画は同国の北大西洋条約機構(NATO)加盟を妨害するためのものだという。モンテネグロの加盟は2015年12月に公式に承認されている。

NATOによればモンテネグロの加盟手続きは最終段階に入っているという。

カトニッチ氏は「すでにロシアの複数の国家機関が一定のレベルで関与したことが分かっている」と強調した。

クーデター計画の黒幕とされる1人が、在ポーランドのロシア大使館の武官だった人物だ。この人物は2014年にスパイ容疑でロシアに強制送還されたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]