トランプ氏、尖閣への安保適用を確認 貿易批判なし 日米首脳会談

日米首脳会談、記者会見

ワシントン(CNN) 安倍晋三首相は10日、ワシントンのホワイトハウスでドナルド・トランプ米大統領と会談した。トランプ氏は会談後の記者会見で、日本と中国が領有権を主張する尖閣諸島(中国名・釣魚島)について、対日安全保障の範囲内だとの認識を改めて示す一方、在日米軍駐留経費などの負担増額の要求には言及しなかった。

トランプ氏は記者会見で、尖閣諸島に関し、「我々は日本とその施政下にある全領域の安全保障を約束する」と述べた。

米国は尖閣諸島が日本の施政下にあると認識しており、日米安全保障条約第5条が同諸島に適用されるとしている。ただ、来日したマティス米国防長官が先週、同諸島への日米安保適用を改めて表明するまで、この点に関するトランプ氏の立場に疑念が生じていた。

トランプ氏は選挙戦の期間中、日米同盟の有用性について疑問を呈していたが、今回は実質的に、北東アジアに関する米国の従来の方針に回帰した形だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]