プーチン批判の活動家が入院、再び毒殺の標的か

ロシアのプーチン大統領に批判的な活動家に対し、毒物が盛られた可能性が浮上

ロシアのプーチン大統領に批判的な活動家に対し、毒物が盛られた可能性が浮上

モスクワ(CNN) ロシアのプーチン大統領に批判的な活動家が2日、体調を崩して病院に搬送されたと弁護士が明らかにした。この男性は2015年にも重体となり、毒物を盛られた可能性が指摘されていた。

活動家ウラジーミル・カラムルザ氏(35)の弁護士はフェイスブック上で同氏について、多臓器不全で人工呼吸器につながれていると公表した。

電話取材に対し弁護士は「現在は安定しているものの、危険な容体だ」と述べた。「非常に難しい状況だ」

また弁護士は、カラムルザ氏が再度毒を盛られた可能性があるとの考えを示した。

「医療スタッフの中に、現在の容体の理由を説明できる人は1人もいない。前回もそうだったし、今回も同じだ」と弁護士は述べた。ただし、毒を盛られたことを示す直接的な証拠はないという。

カラムルザ氏は「開かれたロシア」という反プーチン派組織のメンバーだ。この組織には、開かれた選挙や報道の自由、人権問題をめぐる改革を求める活動家たちが参加している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]