日本の捕鯨船にクジラの死骸か、シー・シェパードが写真公開

シー・シェパードによれば、船に防水シートにつつまれたクジラの死骸があるのを目撃したという

シー・シェパードによれば、船に防水シートにつつまれたクジラの死骸があるのを目撃したという

(CNN) 反捕鯨団体シー・シェパードは、日本の捕鯨船「日新丸」の甲板に置かれたクジラの死骸を目撃したと発表し、死骸を写したとする写真を公開した。国際法違反の現場をとらえたと主張している。水産庁はこの発表について、日新丸から報告を受けるまでコメントは差し控えるとした。

シー・シェパードによると、日新丸の甲板にあったのはミンククジラの死骸で、オーストラリアの捕鯨禁止海域上でヘリコプターが同船に接近すると、同船は死骸を防水シートで覆って隠そうとしたという。

2014年に国際司法裁判所が日本の調査捕鯨中止を命じて以来、日本の捕鯨船によるクジラ殺しが記録されたのは初めてだとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]