領土返還は望み薄、米国牽制の思惑も 日ロ首脳会談で米識者

2016.12.16 Fri posted at 09:45 JST

[PR]

(CNN) 安倍首相とロシアのプーチン大統領の会談が15日夜、山口県で行われた。日本が景気回復を目指し、ロシアは欧米による制裁をかわす目的でアジアに目を向ける中、両首脳は主に経済や安全保障問題について約1時間半にわたって話し合った。

米国の専門家は今回の会談について、ロシアには米国を牽制(けんせい)する思惑があると分析。北方4島の一部でも返還に応じることはあり得ないとの見方を示している。

安倍首相は15日の会談後、北方領土問題についても論議したと述べ、「4島における日露両国の特別な制度のもとでの共同経済活動、そして平和条約の問題について」議論したと語った。

北方4島はロシアが第2次世界大戦終結の3日後に占領した。それから71年たった今も、日本は4島を自国の領土と見なしている。

メールマガジン

[PR]