タイ、国民投票で新憲法案を承認 軍の権限強化へ

軍事政権下にあるタイの国民投票で新しい憲法案が承認される見通しとなった

軍事政権下にあるタイの国民投票で新しい憲法案が承認される見通しとなった

バンコク(CNN) タイの選挙管理委員会は7日夕、同日実施された国民投票で新憲法案が承認されたと発表した。

開票率94%の時点で賛成票は61.4%、反対票は38.6%だった。新憲法案は軍に特別な権限を与える内容。タイは2014年のクーデターで軍が実権を握った。

この日の国民投票では、首相を選出する投票に下院だけでなく上院も参加させる案についての是非も問われた。選管によれば、同案には約58%が賛成、42%が反対した。

この日の投票には推定5000万人の有権者が票を投じた。正式結果は10日に発表される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]