男が駐機中の旅客機に侵入、操縦室に立てこもり 英空港

駐機中の旅客機の操縦室に男が侵入し、立てこもった

駐機中の旅客機の操縦室に男が侵入し、立てこもった

(CNN) 国際的にも利用客数の多い英ロンドンのヒースロー空港でこのほど、乗客の乗っていないブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のボーイング747型機に38歳の男が侵入し、操縦室に立てこもる出来事があった。

男は5日午前、フェンスや警戒線をかいくぐり、駐機中のボーイング747によじ登って機内に侵入。男はさらに、乗客室から操縦室に入り込み、ドアをロックしたという。

操縦室のドアは爆発にも耐えられるようにできており、テロ攻撃や飛行中のハイジャックなどに備え、操縦士や副操縦士を守るように設計されている。

操縦室に立てこもった男はその後、逮捕された。

ヒースロー空港では昨年12月にも男性が自分を刺して取り押さえられる出来事が起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]