カナダ総選挙 野党・自由党が圧勝、10年ぶり政権交代へ

カナダで10年ぶりの政権交代が実現

カナダで10年ぶりの政権交代が実現

ハーバー首相は19日午後10時前、カルガリー市内で敗北を宣言した。「我々は全力を尽くし、全てを投げ打ってきた。何も悔いはない」「カナダの国民は自由党政権を選んだ。この選択を我々は躊躇(ちゅうちょ)なく受け入れる」と述べた。

トルドー氏は自由党の勝利について、同党が人々の声に耳を傾けてきたからだと述べ、「我々は希望によって恐怖に打ち勝ち、精進で不信感に打ち勝ち、前向きのビジョンによって暗く敵対的な政略に打ち勝った」「そして何よりも、カナダ国民はじり貧所状態に甘んじるしかないという風潮に打ち勝った。皆さん、我が国カナダにはより良い未来が待っているのだ」と宣言した。

同氏は故ピエール・トルドー元首相の長男。選挙戦では当初、「親の七光り」が頼りとのイメージが強かった。専門家の多くはハーパー首相との接戦を予想していたが、国民の間に広がる保守党への反感を背景に着実に支持を伸ばし、圧勝を果たした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]