ジョージアで洪水 12人死亡、カバなどが街に出没

洪水で死者、動物逃げ出す ジョージア

(CNN) ジョージアの首都トビリシでは13~14日にかけて降った豪雨のために市中心部を流れる川が氾濫(はんらん)。死者、行方不明者が出ているほか市内の動物園から動物が逃げ出す騒ぎとなっている。

非政府組織(NGO)が運営するニュースサイトによれば、洪水によってこれまでに12人が死亡、数人が行方不明になっている。

またトビリシ動物園からはオオカミ、クマ、トラ、カバなどが逃げ出して市内の各所に出没した。同動物園では魚類や鳥類も含めて約600匹の動物が飼育されていたが、14日の時点でこのうち半数あまりが行方不明になっているという。

一部は捕獲されたり処分されたりしたものの、街頭にたたずむカバや通りを歩き回るワニなども目撃され、ガリバシビリ首相は住民に対し、動物が捕獲されるまで外出を避けるよう勧告した。内務省も動物たちの発見に全力を挙げていると説明、「状況は完璧に制御できている」と強調した。

死者の中には動物園の職員2人も含まれる。市内の幹線道路は水没して車両や民家が流され、住宅多数が浸水被害に見舞われた。

トビリシ市のフェイスブックには、がけ崩れの現場や押し流された車などの写真が掲載された。現場では救急隊員が腰まで水に浸かりながら救助作業を続けている。

トビリシ西部の町でも豪雨のために道路が破壊され、警察がヘリコプターで16人を避難させた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]