在韓米軍基地で22人が炭疽菌に曝露の恐れ 誤送付で

米軍研究所、生きた炭疽菌を米国内や韓国に送付

(CNN) 米国防総省の研究所が手違いで炭疽菌(たんそきん)の生きたサンプルを米国内や韓国の研究施設に送付していた問題で、在韓米軍の烏山空軍基地は28日までに声明で、訓練施設で22人がサンプルにさらされた可能性があると述べた。

同基地は「全員が検査や抗生剤、場合によってはワクチン投与を含む適切な予防的治療を受けた」として、症状が出ているものはいないとしている。

国防総省のウォレン報道官は先ごろ、烏山空軍基地にはサンプル1つが送付されていたとして、「感染の兆候が出ている兵員はいない。サンプルは適切な手順に従って破棄された」と発表していた。

この問題は、米メリーランド州の研究所に生きた炭疽菌のサンプルが届いたことから発覚し、全米の研究所などで緊急調査が行われた。

ユタ州ダグウェイの研究所に残っていたサンプルを調べた結果、生きた菌が含まれていたことを確認。送付する際は死んだ菌だと思っていたため、生きた菌を送付する場合の厳重な対策を講じないまま発送していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]