エア・カナダ機が着陸失敗、25人負傷 空港が一時停電に

エア・カナダ機が着陸に失敗し、負傷者が出た

エア・カナダ機が着陸に失敗し、負傷者が出た

(CNN) カナダ東部のハリファクス国際空港で29日未明、トロント発のエア・カナダ機が着陸に失敗し、2人の操縦士を含む25人が負傷した。

カナダ運輸安全員会(TSB)によると、エア・カナダのエアバスA320型機は滑走路の約340メートル手前で着地して空港のアンテナに衝突、送電線を切断した。機体は車輪を失った状態で300メートル以上スリップした末に停止した。

エア・カナダによると、同機は28日深夜に乗客133人、乗員5人を乗せてトロントを出発していた。操縦士と乗客ら25人が病院へ運ばれて手当てを受けた。全員が軽傷で、1人を除き午後までに病院を出たという。

空港は一時的に停電し、闇に包まれた。現場からの映像には、機首の一部が欠け、片翼が損傷した機体や、落下した送電線などが映っている。

空港の報道担当者によると、着陸当時、現場では激しい雪が降っていたが、これが原因となったかどうかは不明。エア・カナダの幹部は記者団に、天候には問題がなかったと語った。

TSB当局者は、搭載されていたブラックボックスを分析に出し、同日中に現場へ数十人の捜査要員を送り込むと説明。原因究明には時間がかかるとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]