機内の迷惑行為ランキング、「後ろから蹴る客」がトップ

機内マナー違反で「後ろからシートをける客」がトップに

機内マナー違反で「後ろからシートをける客」がトップに

(CNN) オンライン旅行サイト、エクスペディアがこのほど発表した機内マナーに関する調査結果で、迷惑行為のトップは「後ろからシートをける客」だったことがわかった。調査は市場調査会社GfKが1000人の米国人を対象に行い、機内で最も迷惑な行為をランク付けした。

前回調査でトップだった「子どもに注意しない親」は2位に後退。以下、「香水臭い客」「大声で話したり、大音量で音楽を聞く客」「大酒飲みの客」「おしゃべりな客」と続いた。

また全回答者の約12%が迷惑行為を録画すると回答。さらに6%の人が短文投稿サイト「ツイッター」などのソーシャルメディアに投稿すると答えた。ただ、迷惑行為をしている客に直接話し掛けると回答した人はわずか22%だった。

また、席を後ろに倒さないと答えた人の割合は、男性が約32%だったのに対し、女性は38%だった。全体の約3分の1の人が寝るときに席を倒すと回答。また回答者の4人に1人が、飛行時間が3時間を超える時は席を倒すと答えた。離陸直後に席を倒す人、前席の人が席を倒したら自分も倒す人はそれぞれ12%だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]