プーチン氏に健康不安説、ロ政府は写真公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プーチン氏に健康不安説

モスクワ(CNN) ロシアのプーチン大統領がこの1週間にいくつかの公務をキャンセルしたのを受け、大統領の健康を不安視する声が上がる中、ロシア大統領府は13日、プーチン大統領が写った3枚の写真を公開した。

ロシア大統領府によると、この3枚はプーチン氏が13日にモスクワで最高裁長官と会談した時の写真だという。ロシア国営テレビも会談の映像を放映した。CNNはこの会談が発表のとおりに行われたかどうか確認を取れていない。

ロシア国営タス通信によると、ペスコフ大統領報道官は12日の記者会見で、人々が「スプリング・フィーバーにかかっている」とジョークを飛ばすなど、プーチン大統領の健康不安説の鎮静化に努めた。

またペスコフ氏はラジオのインタビューでも、プーチン大統領は「完全に」健康だとし、握手をすれば相手の「手の骨が折れる」と発言。国民に心配しないよう呼び掛けた。

プーチン大統領の健康不安説が浮上したのは、カザフスタンの首都アスタナで予定されていたカザフスタンとベラルーシの大統領との会談が直前に延期されてからだ。ペスコフ氏は11日、3首脳が会談を数日間延期することで合意したことを認めたが、新たな日程は明らかにしなかった。

また大統領府報道部は13日、プーチン大統領が16日にロシアのサンクト・ペテルブルクでキルギスのアルマズベク・アタンバエフ大統領と会談することを明らかにした。

プーチン氏は8日の国際女性デー以来、公の場に姿を現していない。8日以降も会談が行われたが、その映像は一切公開されず、大統領府のホームページに写真が掲載されただけだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]