カナダ議会銃撃、イスラム過激派との関係解明に全力

カナダ議会銃撃事件、イスラム過激派との関係解明に全力

(CNN) カナダの首都オタワの国会議事堂で22日に起きた銃撃事件で、捜査当局は死亡したマイケル・ゼハフビボー容疑者とイスラム過激派組織との関係に重点を置いて捜査を続けている。

カナダ連邦警察のボブ・ポールソン長官は23日の記者会見で、「ゼハフビボー容疑者が犯行を計画するに当たって何らかの支援を受けていたかどうかについての捜査を急ぐ」と表明。「過激思想を共有する複数の人物との関係をうかがわせる情報」があると述べた。

同容疑者はカナダのモントリオールで生まれ、カルガリーやバンクーバーに住んでいた。リビアとカナダの二重国籍を持っていた可能性もある。

オタワには2日ごろに来てパスポートを申請しており、シリアへの渡航を希望していたとされる。過去にパスポートを取り上げられていたとの情報も流れたが、そうした事実はなかった。

ポールソン長官は、「犯行の動機はまだ完全には分かっていない。だが本人の過激思想や困難な状況と関係があったことは明らかだ」と語った。

警察は20日にケベックで兵士を車でひいて殺害した男と同容疑者との関係も調べているが、現時点で接点は見つかっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]