アルジェリア航空機、マリで墜落 116人搭乗 生存者見つからず

アルジェリア航空の旅客機、マリで墜落

(CNN) 24日に西アフリカのブルキナファソからアルジェリアに向かう途中で消息を絶ったアルジェリア航空の旅客機が、マリ北部の砂漠に墜落しているのが見つかった。ブルキナファソの当局が国営RTBテレビで明らかにした。生存者は見つからなかったとしている。

フランス外相や同航空によると、アルジェリア航空5017便(MD83型機)は24日未明にブルキナファソの空港を出発したが、悪天候のため予定していたルートを外れ、離陸から50分後に消息を絶った。同機には乗客110人と乗員6人が搭乗しており、乗客のうち少なくとも50人はフランス人だった。

フランス軍は戦闘機2機などを出動させて、アルジェリアと国連とともに捜索を支援した。事故調査はマリが主導する。マリはブルキナファソとアルジェリアの中間に位置する。

乗客のうち国籍が判明しているのはフランス人50人、ブルキナファソ人24人、レバノン人8人、アルジェリア人6人、カナダ人5人、ドイツ人4人、ルクセンブルク人2人、マリとカメルーン、ベルギー、ウクライナ、ルーマニア、スイス、ナイジェリア、エジプト人が各1人。乗員は全員がスペイン人だった。

同機はスペインの民間航空会社スウィフトエアの機体をアルジェリア航空が運航していたとみられる。

気象専門家によると、同機の飛行ルート上では雷雨が発生していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]