オバマ氏とダライ・ラマが会談 中国は粗雑な内政干渉と非難

香港(CNN) 米ホワイトハウスは21日、オバマ大統領が同日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談したとの声明を発表した。

ダライ・ラマはチベットの不穏な情勢を煽る分離主義者として非難する中国の反発を押し切っての会談。中国外務省の報道官は声明で、「中国の内政問題への粗暴な干渉であり、国際関係の規範の重大な違反で中米関係を大きく損ねる」と批判した。

ホワイトハウスの声明によると、オバマ氏は会談でチベットの独自の宗教、文化、言語の伝統保持に加え、チベット人の人権保護も支持したと述べた。

また、チベット問題をめぐる意見対立を解消させる直接対話の実現を促したとも語った。同時に米国はチベットが中国の一部であり、チベット人の独立を支持しないとの基本姿勢を改めて表明した。

これに対しダライ・ラマは独立は求めていないとし、自身の代表者と中国政府の間の対話が再開されることを期待するとの考えを示した。

オバマ氏とダライ・ラマはこれまで2010年12月と11年7月にも会談。中国はその都度、反発している。オバマ政権はチベット問題でダライ・ラマの中道的な提案による事態打開の努力を支持している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]