シリア内戦の犠牲者10万人超す 国連事務総長

内戦が続くシリア。戦闘により建物も破壊された

内戦が続くシリア。戦闘により建物も破壊された

(CNN) 国連の潘基文(パンギムン)事務総長は25日、シリアの内戦による死者が10万人を超えたことを明らかにした。シリア政府と反体制派の双方に対し、暴力の停止に向けた和平会議の開催を呼びかけている。

潘事務総長は米国のケリー国務長官との会談を前に、「事態を終結させなければならない」と述べ、内戦による死者に加えて「数百万人が避難したり、周辺国で難民になったりしている」と指摘した。

シリアの内戦は2年以上にわたり、国連の5月の統計によれば、150万人以上が他国に逃れ、400万人以上がシリア国内で避難民になっている。

衝突は25日も続き、首都ダマスカス近郊の町では広場で自動車爆弾が爆発した。反体制派の「シリア人権監視団」は、この爆発で17人が死亡、10人が負傷したと報告。一方、シリア国営テレビは死者10人、負傷者70人と伝え、国際テロ組織アルカイダ系による犯行だと断言した。

反体制派で組織する「地域調整委員会」によると、シリア全土の死者は25日だけで少なくとも50人に上っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]