香港の「ピンクイルカ」が激減、絶滅の危機

「ピンクイルカ」が絶滅の危機 香港

香港(CNN) 香港近海に生息し、体の色から「ピンクイルカ」の愛称で知られるシナウスイロイルカの数がこの10年間で激減し、絶滅の危機に直面している。

イルカの保護に取り組む非政府組織(NGO)、香港イルカ保育学会のサミュエル・ハン会長によると、2003年に158頭だったシナウスイロイルカは、12年に61頭まで減少した。「このまま減り続けるのかどうか分からないが、早急に解決策を講じる必要があることは確かだ」と、ハン氏は話す。

多くのイルカが生息する珠江の河口周辺では大規模な埋め立て工事が進み、その影響で水が汚染されたり船との衝突が増えたりしている。

16年には香港と珠海、マカオを結ぶ「世界最長の海上橋」が開通する予定。現在工事中のそのルートは、まさにイルカの生息地の真ん中を通る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]