福島第一原発の吉田元所長、食道がんで死去

原子力発電所事故への対応で陣頭指揮をとった吉田元所長が死去=TEPCO提供

原子力発電所事故への対応で陣頭指揮をとった吉田元所長が死去=TEPCO提供

東京(CNN) 2011年3月に起きた東京電力福島第一原子力発電所事故への対応で陣頭指揮をとった吉田昌郎元所長が9日、東京都内の病院で食道がんのため死去した。58歳だった。

事故発生後、同発電所には当時の所長だった吉田氏以下、「フクシマ50」と呼ばれる作業員らがとどまり、命懸けで緊急作業にあたった。

吉田氏は11年末に食道がんの診断を受けていた。東電によれば、放射線被ばくが原因の場合は発症まで通常5~10年かかることから、事故による被ばくが影響した可能性は低いという。

東電の広瀬直己社長は、「所員を束ね、文字通り決死の覚悟で事故対応にあたった」と、吉田氏の功績をたたえた。

吉田氏は11年11月のインタビューで事故直後の時期を振り返り、「死ぬだろうと思ったことが数度あった」と話していた。東電幹部からの指示に反して、原子炉を冷やすための海水注入を継続するとの判断を下した。これが最悪の事態を防いだ可能性もある。

安倍晋三首相は同氏の訃報を受け、「大変な努力をされた。ご冥福をお祈りしたい」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]