「名誉殺人」、若者も支持 中東ヨルダン

2013.06.21 Fri posted at 12:51 JST

[PR]

(CNN) 中東ヨルダンの首都アンマンで、家名を汚すとされる行為を行った女性を親族が殺害するいわゆる「名誉殺人」について、10代の男子のほぼ半数、女子の5人に1人が「正当化できる」と考えていることが明らかになった。英ケンブリッジ大学の研究チームの調査結果による。

同研究チームは、アンマンに住む10代の男女850人以上を対象に調査を実施。結果は研究誌「アグレッシブ・ビヘイバー」上で20日に発表された。

「一族の名誉を汚す」とされる行為は、婚前交渉や不倫、結婚していない相手の子どもを妊娠すること、親族でない男性と交流することなどさまざまだ。その制裁として行われる犯罪には、殺人のほか、暴行や強姦、顔に酸を浴びせるなどがある。

アンケートに参加した若者たちに名誉殺人にあたる状況を示したところ、全体では33.4%が「支持」もしくは「強く支持」すると答えた。支持する考えを示したのは男子で46.1%、女子でも22.1%に達した。

メールマガジン

[PR]