「慰安婦は必要だった」 橋下市長の発言が波紋呼ぶ

2013.05.15 Wed posted at 12:45 JST

[PR]

(CNN) 日本維新の会共同代表を務める橋下徹大阪市長が、戦時中の旧日本軍の慰安婦は「必要だった」などと発言したことで、国内外に波紋が広がっている。

橋下氏は13日の記者会見で、戦争で戦う兵士たちの「休息」のために「慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」などと発言した。慰安婦問題は「戦争の悲劇の結果」との見方を示す一方、「当時は日本だけでなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた」と述べた。

同氏はまた、沖縄で米軍司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と訴え、「法律の範囲内で認められている」場所を「真正面から」活用してもらわなければ、米軍兵の「性的なエネルギーをきちんとコントロールできない」と話したことを明かした。

こうした発言に対し、日本国内の政治家からも批判が相次いでいる。下村博文文部科学相は、「あえて発言する意味があるのか」「党を代表する人の発言ではない」とコメント。稲田朋美行革相も同様の疑問を投げ掛け、「慰安婦制度は女性の人権に対する侵害」との見解を示した。菅義偉官房長官は記者団に「政府の立場は、筆舌に尽くしがたいつらい思いをした方々の思いに心が痛むというものだ」と話し、従来の認識に変化はないことを強調した。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!