インド集団強姦事件、男5人を殺人罪などで訴追 死刑求刑も

インドで大規模なデモが展開された

インドで大規模なデモが展開された

(CNN) インドの首都ニューデリーで女性が集団暴行され死亡した事件で、捜査当局は3日、容疑者の男5人を殺人や強姦などの罪で訴追した。未成年とみられる容疑者1人については年齢鑑定の結果を待って、成人として訴追するかどうかを決める。

警察によると、男たちは12月16日、バスの中で被害者の女性(23)と連れの男性に暴行を加えて所持品を奪い、路上に放り出したとされる。女性は重傷を負い、シンガポールの病院で手当てを受けたが、29日に死亡。男性は現地の病院を退院した。

CNN系列局の報道によると、当局は5人に対して死刑を求刑する方針。被害者の遺族も男たちを絞首刑にしてほしいと話している。残る1人は未成年と確認されれば少年院に送致される。

地元弁護士会の幹部会は2日、人道的な立場から、今回の事件で加害者の弁護は担当しないと表明。加盟する弁護士約7000人にも弁護を担当しないよう呼びかけた。このため裁判所は他地区の弁護士を弁護人として選任する見通し。

インドではこの事件をきっかけに抗議デモが激化し、女性が死亡して以来、ニューデリーで連日行われているデモは3日も続いた。強姦事件の厳罰化を定めた法案を提出する準備も進められている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]