妊婦が中絶手術拒まれ死亡、禁止法に批判強まる アイルランド

(CNN) 人工妊娠中絶を法律で禁止しているアイルランドで、インド人の女性が病院で中絶手術を拒まれて死亡した。女性の死をきっかけに、中絶禁止法に対する批判が国内外で強まっている。

死亡したのはアイルランドに住むインド人のサビタ・ハラパナバールさん(31)。夫によると、妊娠17週目で背中の痛みを訴えて10月21日にゴールウェイ大学付属病院で診察を受け、流産しかかっていると診断された。しかし強い痛みを訴えているにもかかわらず、人工妊娠中絶手術を拒まれ、その病院で死亡したという。

地元紙の報道などによると、ハラパナバールさんは数時間で流産すると告げられたにもかかわらず、何時間たっても激痛が続いたことから、中絶手術を受けさせてほしいと訴えた。

しかし医師らは法律を理由に、胎児の心臓が動いている限り中絶はできないと説明、アイルランドはカトリックの国であり、医師団もカトリックだと強調したという。

ハラパナバールさんは、自分はカトリックではなくヒンドゥー教徒だと訴えたが聞き入れてもらえず、3日後に敗血症のため死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]