イランのミサイル攻撃での負傷、トランプ氏「深刻ではない」

イラク国内の米軍駐留基地に対するイランのミサイル攻撃で米兵が脳振盪(しんとう)などの負傷を受けた件で、トランプ大統領は今週、脳震盪は戦闘で被る身体的な負傷ほど深刻ではないとする見解を示した

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]