中国の偵察気球、米戦闘機が撃墜 東海岸沖の領海上空で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の偵察気球、米戦闘機が撃墜

(CNN) オースティン米国防長官は4日、米本土上空を飛行した中国の高高度偵察気球を、米軍戦闘機がサウスカロライナ州沖の米領海上空で撃墜したことを確認した。

米軍高官の会見によれば、F22ステルス戦闘機が午後2時39分にミサイルを発射し、一発で気球を撃ち落とした。

連邦航空局(FAA)は撃墜に先立って現場近くの空港に飛行禁止命令を出し、周辺空域の飛行を制限した。

オースティン氏によると、バイデン米大統領は偵察気球の撃墜について、米国民に危険が及ばなくなった時点で実行することを承認していた。

バイデン氏自身も撃墜の直後、1日に説明を受けて国防総省に撃墜を指示していたが、気球が海上に抜けるのを待って実行したと述べた。

気球は西部モンタナ州の上空で確認され、米本土上空を横断して4日に海上へ抜けた。中国外務省は、気球が米領空に入ったのは偶然だと主張。これに対して米国務省は「明らかな主権侵害、国際法違反であり、容認できない」との立場を示していた。

一方で米軍当局者らは、本土上空で撃墜して破片が落ちれば市民に危険が及ぶ恐れがあると主張した。

国防総省高官は撃墜後の記者会見で、飛行を継続させたことにより、気球自体や装置の調査、分析が可能になったと報告した。ただしこれは撃墜を遅らせていた主な目的ではなく、二次的な利点にすぎないとも述べた。破片が回収できれば、調査はさらに進む見通しだという。

現場海域では破片回収のため、事前に米海軍と沿岸警備隊が待機していた。破片は予想より水深の浅い所にあるとされ、回収作業は順調に進む見通し、関係者らによれば、気球に搭載されていた装置はバージニア州の連邦捜査局(FBI)研究所に運ばれる。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]