今度はロシア富裕層のジェット機を追跡、E・マスク氏追う青年が新アカウント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア大統領府で国民向けの演説を行うプーチン大統領=2月21日/Alexey Nikolsky/Sputnik/Getty Images

ロシア大統領府で国民向けの演説を行うプーチン大統領=2月21日/Alexey Nikolsky/Sputnik/Getty Images

(CNN) 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のプライベートジェット機をオンライン上で追跡している米フロリダ州の青年に新しい追跡ターゲットができた。ロシアのオリガルヒ(新興財閥)や富裕層たちの航空機だ。

マスク氏から5000ドルでのツイッターアカウント削除を打診され、これを拒否したジャック・スイーニーさん(19)は、ロシアのウクライナ侵攻を受けて最近、@RUOligarchJetsと@Putinjetという2つの自動ツイッターアカウントを立ち上げた。

この2つのアカウントは合計で30万人近いフォロワーを集め、プライベートジェット機の動きをその位置を示す地図の画像とともにほぼリアルタイムで提供している。

スイーニーさんは、以前からこのようなツイッターアカウントの要望があり、ロシアの富裕層に米国と同盟諸国の制裁が及んでからその声が大きくなったと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に語った。

スイーニーさんのアカウントで追跡されているジェット機には、イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーのオーナーやロシアの天然ガス大手ノバテクの会長のものが含まれる。

スイーニーさんはブルームバーグ通信のインタビューで、ロシア人富裕層が使用する飛行機の大きさにあぜんとしたと語った。こうした人物はエアバスA319やボーイング737など商用サイズの航空機で移動している。

スイーニーさんのアカウントは、ロシア富裕層とつながりのある計40機以上の飛行機やヘリコプターを追跡中で、追跡対象を増やそうと他の人にも支援を求めている。

マスク氏を追跡するスイーニーさんのアカウントもまだ存在する。スイーニーさんはWSJの取材に、テスラのモデル3と交換ならアカウントを削除すると語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]