オミクロン株による死亡例、米国で初確認 テキサス州の50代男性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」による死者が米国で初めて確認された/NIAID-RML

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」による死者が米国で初めて確認された/NIAID-RML

(CNN) 米テキサス州ハリス郡のヒダルゴ判事は20日、同郡の50代の男性の死因が新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株に関連していたと発表した。米国内でオミクロン株関連の死亡例が確認されたのは初めて。

郡保健当局によると、男性は過去に新型コロナに感染したことがあり、ワクチンは打っていなかった。ワクチン未接種で基礎疾患もあったため、重症化のリスクが高かったとされる。

米疾病対策センター(CDC)によると、オミクロン株はデルタ株に代わって米国内の新規感染の大半を占めるようになっている。ほかの変異株より症状が軽いとの説もあるが、研究は現在進行中。専門家らは引き続き、重症化や死亡のリスクを抑える最良の道はワクチンとその追加接種だと主張している。

ヒダルゴ氏も「ワクチンを打ち、追加接種を受けた人は入院する可能性がはるかに低い」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]